2020年09月14日

5463:すごい偏向よね。

自民党総裁選。

・直接の党員投票はない
→対象とした予備投票はほぼ全ての都道府県で実施され、
自民党都道府県連の投票に反映されている


新・立憲民主党代表選。

・党員投票ゼロ(全くのゼロ)
・選挙期間も自民党総裁選より遥かに短いので、候補者の声はより聞こえない
(7日告示・10日投開票…自民党総裁選は8日告示・14日投開票)
・そもそも旧立民側は「枝野無投票」にするべく画策(失敗したから代表選開催)


民主党代表選のほうが遥かにブラックボックスなのに、
自民党総裁選を「密室政治」と曰う…恥ずかしくないんですかね?


お仲間さんのマスゴミ含めて、やっぱ野党とその取り巻きはどうかしてるわ。


ではでは。
posted by いなちゃん at 12:00 | 香川 ☁ | Comment(2) | 今日の私感2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> 管理人様

今回は、あくまでも自民党という党派の総裁決めですので、党員以外の人には文句を言う資格は無いと思いますし、党員であれば熱心に活動して、せめて各都道府県で強く意見を言えるくらいの立場になってみたら?と思いますね。
Posted by tenjin95 at 2020年09月14日 18:39
tenjin95さん:

どうしても先祖返りに見えたので、記事内で、立民党首選のことを

「民主党代表選」

って書いてしまいました…訂正はしませぬ(笑)。


で、本題へ…。

自民党員…年額4,000円で党員になれる(投票権を得られる)ので、
「AKB商法的な組織票」が可能(党員の方が先か笑)。

やっぱり、議員票のみか、今回のレベルが妥当かと。

「総総同一」っていうんですかね
(総総分離の対義語を聞いたことがないので)、
日本の総理大臣は直接選挙ではなく、
国会議員が選ぶものですから、どうしても

「与党あるいは比較第一党の党首とイコール」

になる可能性が限りなく100%に近いとはいえ、
ひとつの政党の党首決めに過ぎないですから、
仰るとおり、外野の意見はあくまで外野の意見だし、
自民党総裁選に外野から異論を唱えるなら、
新立民・新国民民主双方の党首選定法にも
異論を唱えて然りですよね

…個人的には、新国民民主は玉木代表を筆頭に
残る人の政党ですから、そもそも代表戦の
必要がないとは思いますが。
Posted by いなちゃん at 2020年09月15日 10:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。