2020年06月24日

5581:思いは崇高だったけど、対策があまりにずさん。

テニスのスーパースター、ノバク・ジョコビッチ選手が主催し
開催された親善試合が、本人含めた数人が
新型コロナウイルス陽性判定となったことを受けて、
大会2日目にして中止となったことを受けての感想。

これだけ。

 
テニスの試合においては、選手間の直接の接触は
試合開始&終了の握手&抱擁くらいですが、
そのくらいのことでも自粛するのが、日本を含め
「対コロナで一定以上の結果を出している国・地域」では
当たり前のこと。

だからこそ、郵便や宅配便なども、
非接触での受け取りが拡充されているわけだし、
先日開幕したNPBでは、ホームラン打ってもエアハイタッチな訳で。


もちろん、ジョコビッチ選手の思いは、
誰にも否定できるものでは無い。

けど、そこに対策が全くついて行ってないことは、
批判されて然りでしょうね。


新型コロナ禍が表沙汰になってまもなく半年、
日本ではこれから本格的な夏を迎えますが、
そんなタイミングでも、一日に40人前後の陽性判定者が出る。

もう「ありふれた病」になったといってもいいかもしれない。

ひょっとしたら、数年前までは
「季節性インフルエンザ」や「きつめの風邪」と診断されてきたものが、
今振り返れば新型コロナだったのか?なんてのもあるかもしれない。

それこそ、巨人の坂本&大城選手の抗体反応なんかは、
そういうのの一例といえるかも。

ってことは、この冬も…というか
安価でワクチン接種が出来るようになるまでは、
今年ほどの感染爆発はなくても、
ある程度の流行は覚悟すべきかもしれない。


緊急事態宣言解除から一ヶ月と少し経ちまして、
少しずつ通常の日常生活に戻ってますが、
それは「新たなもの」であることを意識して、
「3密を避ける」を筆頭に、注意して暮らしていきましょう。


ではでは。
posted by いなちゃん at 12:00 | 香川 ☀ | Comment(2) | 今日の私感2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> 管理人様

若い世代の感染者ですら「後遺症」に悩むようですので、流石に風邪などとは一緒には出来ない印象ですが(似ていますが、要するに発症後の強さが違うという意味で)、もう少し気軽に対応できるようになれば良いと願っております。
Posted by tenjin95 at 2020年06月24日 18:38

tenjin95さん:
それこそ、従来のウイルスと比べると、
いろいろと「抜け目ない」…
感染力にしても症状にしても予後にしても。

だからこそ、「武漢ウイルス」言われてみたり、
研究所漏えい説…もっと言うとウイルス兵器説が出たわけで
(全く以て払拭されていませんが)。

いずれにせよ、予防接種の一本も打っておけば、
罹っても3日休めば100%大丈夫…くらいにまでは
なってほしいものですね。
Posted by いなちゃん at 2020年06月26日 16:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。