2017年04月16日

4409:1年。

熊本地震の場合、最初の震度7が起きた14日も「1年」にあたりますから、
どのタイミングで「1年」を持ってくるかが、なかなか難しいわけで。


 
おいらの場合は…中学の同級生が亡くなったのが
「本震」と呼ばれる16日の地震によりますので、そっちにします。

それこそ、おいらの場合は阪神大震災を、震度4とはいえ徳島で直にくらい、
そのあとは当時就いていた仕事の都合上、復興活動に回った側で、
一方東日本大震災のときっはその職にはなかったこともあって、
気象学・地震学的にも、東日本大震災の「プレート地震+津波」よりは、
熊本地震のような「断層による直下型地震」のほうが、イメージはしやすい訳で。

とはいえ、被害状況は徳島とは比べものにならないほど甚大なわけで、
橋の一部が落ちる・崩れる…でも、阪神大震災当時も今も経験はないのに、
阿蘇大橋のように丸ごとなくなったりする…なんてのは、
それこそ想像を絶するわけで。

また、それこそ数日のうちに震度7を連続してくらう…なんてのも、
阪神大震災でも東日本大震災でもなかったわけで。

…同級生の死から考えると「もう1年か…」ですが、
地震からの復興状況を見ると「まだ1年」でもある訳で。

今まで数多の…地震に限らず災害が起きてますが、
ここまで複雑な感情になるのは、初めてかもしれない。

末筆になりましたが、亡くなった方のご冥福をお祈りするとともに、
一日も早い復旧復興を願わずにはいられません。


ではでは。
posted by いなちゃん at 16:24 | 香川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の私感2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック