2017年02月27日

4363:前に別件で書いた記憶があるけど、

「ことの本筋」を「正しく追及」

して、外堀を埋めていくような方法をとれば、
実際に悪事が行われていたとすれば
徐々にでも、しっかり本丸に近づける。

 
しかし…今の野党をみていると、そういう方法を採らずに

「いきなり本丸を落とし総大将を討つ」

なんてことをやろうとするから(今回に限った話ではなく)、
「ことの本筋とは全く関係ない」小さな水たまりを埋めようとしたり
もはや「ことですらない」湿度がちょっと高い場所をわざわざ掘ってみる。

おいらだって、100%問題なしとはいわない。
でも…見ている限り、今何が問題かといえば、

「廃棄物を含んだ土砂を本当に
学校の最終埋め戻しに使うのか否か」

だけだと思うんだが、それは
総大将がそうしろなんてのは有り得ない
(いちいち関わってるヒマなどない)話で、
故に工事業者を追及すれば良いだけの話。

それについても業者は

「現状は仮置き、分別のあとに敷地外に搬出する」

と説明…至極当たり前の話
(コンクリだけやってる業者・土砂だけやってる業者・
アスファルトだけやってる業者・総合的にやってる業者などなど
廃棄物受け入れ(最終処理)業者にもいろいろ種類がありますから、
現場分別は必須)。

そうなると、学校建設予定地外に搬出してない以上、
当初野党が追及してた「掘った状況は?」を、
廃棄物排出→最終処分完了までを証明する

「マニフェスト(産業廃棄物管理票)」

がまだ作成されて無くても、何もおかしくないわけで…
搬出と一緒じゃないとマニフェストの移動も起きないし、
そこには搬出量も書かれるので、実際の量が分からないと票に書き込めないしね。

なんか、野党のほうが

「(本来はその必要の無い)追及ののりしろ」

すらことごとく埋められて
(実際には問題が無いからこそ、そうなっていく)、
どんどんどんどん本筋とは関係ないところに追いやられて
…テメエらに大ブーメランが返る同様の事例があるのは散々指摘されてます笑…
結果、問題無しって結論にしかたどり着けず(まあそれが事実だから)、
あとはただ喚き散らすだけで終わるんでしょう。

ま、だからこその野党…ってか民進党なんでしょうけどね(笑)。


ではでは。
posted by いなちゃん at 16:33 | 香川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の私感2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447404676
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック