2016年11月22日

4220:東日本大震災が起きてなければ、

今朝の地震も「大」がついて呼ばれてもおかしくないレベル。
津波も、多賀城市では川を遡る津波が撮影されたり、
仙台港では1.4メートルの高さが観測されたり。

風化も怖いけど、それとともに「感覚の麻痺」も怖いなあ…と思いました。

 
例えば、

「高さ数十センチの津波」

と聞くと軽く・甘く感じがちですが、水深と流速で分けて考えてみると…

例えば小学校低学年の子が入るような「小プール」。
基本、水の出入り口(吐出口と排水口…って言うんすかね?)以外では
ほぼ流れゼロ、水深も50センチくらいだと思いますが、
それを、陸上と同じ時速4キロで歩けったって無理ですよね。

あと…例えばどぶ掃除。
あれなんか、状況によったら水深数センチですけど、
それでも流れ(あれでも時速10キロまでです)があると、
まともに歩けませんよね。

津波ってのは、その何万倍どころか何億倍でもきかない水量が、
スポーツカーで高速道路をぶっ飛ばしたって勝てない速度でくるんですから。

勿論、未来永劫地震が起きない・津波も来ないのが一番なんでしょうけど、
地球が地球である以上それは無理な話ですし、
我々が生活するには、地震やそれに伴った津波を引き起こす
「地殻活動」も必要不可欠なものですから、
結局が、我々人間が如何にしっかり考えるか…ですね。


ではでは。
posted by いなちゃん at 16:56 | 香川 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | 今日の私感2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> 管理人様

ご指摘の通りですね。

昨日のも立派な大地震だと思います。また、報道はされないと思いますが、昨日くらいの津波でも、沿岸での養殖業は大打撃です。お見舞い申し上げます。

拙僧が幼少期に、仙台市内で経験した「宮城県沖地震」について、物凄い大地震だと思っていたのですが、M7.4、最大震度5(あくまでも、当時の計り方で、ですが)だったというのと良く似ていると思います。
Posted by tenjin95 at 2016年11月23日 07:50
tenjin95さん:
「養殖ガキの出荷が最盛期なのに筏がカラんで…」
ってニュース見ました…せっかく直ったばかりなのに…。

そちらは…お寺とか大過なかったですか?


おいらは、幸いにも震度4以上の揺れを経験したこともなければ、
津波も…東日本の時に「瀬戸内海でも数十センチ観測」ってのが
MAXのレベルなんですが、
それこそ今後発生が予想されている南海トラフ地震となると、
おいらの住む東かがわ市も震度7予想だったりしますし、
津波も、自宅はハザードマップ浸水対象外ですが、
それこそ東日本みたいなことになったらアテになりませんし、
そもそも海から1キロ離れてないし、
他人事じゃないというか他山の石にすべきと言うべきか…。

高台の確認や、
テメエがしばらく生きながらえる飯くらいは、
酒のつまみやお菓子の流用でも何でもいいから、
自分で準備せんといかんですね。
Posted by いなちゃん at 2016年11月23日 15:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444224245
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

福島県沖でM7.4の強い地震 いわき市などで震度5弱 津波警報発令
Excerpt: 福島県沖で強い地震が発生し、津波警報も出ています。
Weblog: つらつら日暮らし
Tracked: 2016-11-23 07:47