2016年02月25日

3956:また…

車が歩道を暴走して多くの人が巻き込まれる事故が…。

 
歩道と車道の境には縁石があり、
交通量の多いところや速度の出せる場所にはその上にガードレールがある。

でも、如何なる道路でも、お店やおうちに入る乗り入れのために
縁石が低くなっている場所があり、
それが歩道のないところを歩かざるを得ない場所なら
車がストレートに突っ込んできて、家を破壊することだってある…。

かといって、一律に乗り入れを塞げとか、
全面にガードレールを設置せよとなったら、
利便性の問題も出てくるし、
予算も「ちりも積もれば…」で膨大になる。

結局のところ、安全運転に対する気持ちだったり、
あるいは体調や持病などの関係もある。

一方で、いくら啓蒙しても横断歩道まで行くのが・歩道橋の階段を上るのが
しんどいと車の直近を渡るお年寄りや、
左右をよく確かめず路地から走り出してくる子供や自転車…
小回りがきくからと車の隙間を縫い、路肩が狭い道で信号が赤だと
歩道を走ってまで先頭に立とうとする単車…。

また…よく赤信号の交差点をスルーしようと、
角地にあるコンビニなどお店の駐車場をショートカットする車…
何度か書きましたが(ちょっと交通事情から話は逸れるけど)、
あれは店の側が画像撮って警察に被害届け出したら、
不法侵入で捕まっても文句言えない訳で(あの敷地はお店の人とお店を利用する人用)。

要するに、ぜーんぶエゴの問題。
勿論、道路整備である程度は対応可能だけど、
それこそ前述した利便性だったり予算事情だったりで、
少なくとも一気には出来ない…駐車場ショートカットなんて、その際たるもの。

交通事故は、相手がスカタンなら自分が如何にちゃんとしてても
巻き込まれる可能性があるものですが、
少なくとも自分がスカタンの側にならないように、
またテメエの不用意な行動で
「被害者でも加害者でもある」
なんてことにならないようにしましょ。


ではでは。
posted by いなちゃん at 16:18 | 香川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の私感2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434262082
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック