2006年11月27日

613:神岡鉄道廃線前に混雑横浜FCJ1昇格日ハムV道徳に?給食費未払い18億超

第613回。昨日お休みさせたもらったので、昨日のネタから2題、今日のネタから2題。

1)岐阜の神岡鉄道、廃線前最後の週末は大混雑

2)J2、横浜FCが優勝、J1初昇格

3)日本ハムの「日本一への道が」道徳の教材に?

4)給食費の支払い拒否が18億円超

の4本でーす!

 
1)岐阜・飛騨を走る「神岡鉄道」が今月末の廃線を前に
週末大混雑、廃線を惜しむ声が出ています。


「最後の週末 お別れ乗車 神岡鉄道 乗客から惜しむ声」(中日新聞)


「★神岡鉄道へようきてくれなった★」(公式HP)

「神岡鉄道」フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)


老舗デパートの閉店などでもよく見られる、いつもの光景ですね…。

でも、「惜しむ声」としてよく取り上げられるのは、得てして
「日常利用」していない、いわば「一見さん」の声。

鉄道なら、赤字だったり、道路建設による「お役御免」だったり。
デパートでも、赤字とか、店の経営構造が時代とずれたり…。
いろんな理由はありますが、結果的に「日常利用がない」というのは致命的。
地元の人に「利用されない」のだから、廃線・閉店も自然の流れ。

常日頃の報道では「使われない施設」に牙をむけるクセに
(特に鉄道は、「延命に税金がはいる」とやり玉に挙がることも多々あり)、
最後の最後だけ「情緒的」になるマスコミは、
自分たちの報道姿勢が矛盾しているってこと、理解できないんですかねえ?



2)あまりサッカーは詳しくないんですが…。
J2は横浜FCが優勝、初のJ1昇格を決めました。


「カズも感動!Vで決めた!横浜FC、2949日目のJ1昇格」(サンスポ)


「横浜FCオフィシャルサイト」

「横浜FC」フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)


…横浜FCは、前身は「横浜フリューゲルス」
J1・横浜マリノス(現「横浜F・マリノス」)とのチーム統合問題時に、
フリューゲルスサポーターの一部が、統合に反旗を翻し立ち上げたチーム。

チーム状況などから下部リーグ(JFL)からの再スタートとなって8年。
まさに「悲願」のJ1昇格となりました。

来季はF・マリノスとの「横浜ダービー」があります。
兄弟対決というのか、親子対決というのか分かりませんが、
「生き別れ」になった両チームが対戦…めっちゃ盛り上がりそうです。

くれぐれも、ファン同士で場外戦、なんてことだけは止めて下さいね!



3)今年日本一となった北海道日本ハムファイターズの軌跡を、
道徳の副読本にすることが検討されている
とか。


「日本ハムVストーリーが教科書に?」(日刊スポーツ)


「野球は巨人」だった北海道に移転して3年、ファンの心をがっちりつかみ
またヒルマン采配のもと、今季で球団を去る新庄・小笠原らベテラン選手と、
森本・ダルビッシュをはじめとする新進気鋭の選手ががっちりかみ合い、
44年ぶりの日本一。

表に見える分だけでも十分だし、また高田GMなどフロント・裏方の努力
併せて取り上げれば、さらに迫力があるものになる。
確かに、教材としては申し分ないと思います。

でも、果たして、普遍的に教材としての輝きを放ち続けられるか?
といえば、おいらは疑問を感じます。

今回の件だけでなく、松井然り、イチロー然り…。
また、音楽ではいろんな人のヒット曲が教材になっています。

タイムリーなネタとして、一時的には生徒の興味を惹くことは出来るでしょうけど…。

普遍性を持つには、取り上げられた人物・団体の継続した活躍も重要ですが、
教材メーカーの考えに甘さを感じずにはいられない…。

…もし「興味本位」で教材化しようとしているのなら、止めて欲しいですね。



4)2005年度の「給食費未払い」が18億円を超えているとか。


「全国公立小中で給食費滞納18億円、目立つ「拒否」」(讀賣新聞)



…生活保護を受けているなど「払いたくても払えない」家庭はしょうがないですよ。
国が未払いを補助する制度もあるようですから、それを十二分に活用すればいい。

問題なのは、「払えるのに払わない」バカ親どもが激増していること。

「義務教育だから払わなくていい」…義務教育の意味、知ってますかあ?
「高級外車で乗り付けて校長を恐喝」…もう「893以下」だね。

そんな親たちに言いたい。「今ばかり見るな」と。

テメエらが子供の頃、食糧事情は今よりはるかに悪かった。
朝夕の2食を満足に食えなかった家庭も少なくないだろう。

そんな「家庭の食糧危機」を救ったのが給食
1日数十円程度(今でも数百円程度)で、カロリー計算など、
専門知識に裏打ちされた「バランスの良い食事」が提供されていた。
(今も提供されている)
今、意図的未払いを続けているバカ親どもも、かつては恩恵を享受していたはず。

このような制度がなぜ成り立っているか?それは、
国・自治体の「補助」という名の税金親の負担があるから。
もしどれかひとつでも、一切無くなったとしたら、給食制度は破たんします。

しかし、払わない親は、「あって当たり前」と考えているのではないでしょうか?
しかし決して、「当たり前」ではありません。

果たしてここまで考えを巡らせているか…なわけないわな。
「目先の楽しさ」だけしか見えてないでしょう…こうなりゃ「銭ゲバ」

子供には罪はありません。しかし、親には罪がある。
子供に対しては、こんな親に育てられて可哀想だったね、としか言いようがありません。

…教育ネタになると必ず言っているような気がしますが、
やっぱり「親を一からたたき直す」ことが必要なんでしょうね。


ではでは。
posted by いなちゃん at 19:00 | 香川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(5) | 今日の私感2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

全国公立小中で給食費滞納18億円
Excerpt: 全国公立小中で給食費滞納18億 目立つ「拒否」 全国の公立小中学校で2005年度に、18億円を超える給食費が滞納されていたことが、読売新聞の調査で分かった。 本来徴収されるべき給食費の0・5..
Weblog: DANGER
Tracked: 2006-11-27 22:18

全国公立小中で給食費滞納18億円、目立つ「拒否」
Excerpt: 全国公立小中で給食費滞納18億円、目立つ「拒否」  全国の公立小中学校で2005年度に、18億円を超える給食費が滞納されていたことが、読売新聞の調査で分かった。  本来徴収されるべき給食費..
Weblog: 局の独り言。
Tracked: 2006-11-28 07:25

給食費滞納18億円
Excerpt: 全国の公立小中学校では、2005年度に給食費の滞納金額の合計が、なんと18億円を超過していたそうです。
Weblog: Vivid Association
Tracked: 2006-11-28 12:45

【祝・横浜FC】J2優勝!J1昇格決定!!
Excerpt: J2第52節、アウェーで行われたvs鳥栖戦を1-0で制した横浜FC。 2位の神戸が引き分けたため、最終節を待たずに横浜FCが初優勝! 来季のJ1初昇格を決めた。 今季第1節、Jリーグ最短記録とな..
Weblog: 厄年ぶろぐ
Tracked: 2006-11-28 21:44


Excerpt: 横浜フリューゲルス横浜フリューゲルス(よこはま―、Yokohama Flugels)は、かつて日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟していたプロサッカークラブ。.wikilis{font-size:..
Weblog: サッカーFC事典
Tracked: 2007-08-07 16:30