2010年12月23日

2101:全日本スキー連盟、役員人事で大もめ

第2101回。今日は一本で。

全日本スキー連盟が、会長人事で揉め、支持派と反対派で法廷闘争だそうです。

(以下引用)

「<スキー連盟>鈴木会長選任は無効…評議員ら26人が提訴へ」
(毎日新聞 12/23 02:32−Yahoo!ニュース)

全日本スキー連盟(SAJ)の今年10月の役員改選で
選出手続きに不正があったとして、SAJの一部の評議員ら26人が24日、
SAJを相手取り、鈴木洋一会長と会長が推薦した理事5人の
地位不存在確認などを求め、東京地裁に提訴することが22日分かった。
SAJは前回08年の役員改選でも同様の訴訟を起こされて敗訴し、
当時の伊藤義郎会長らが辞任した経緯がある。

訴状によると、SAJは10月17日、東京都内で評議員会を開き、
秋田県スキー連盟会長で秋田県議会議員の鈴木氏を新会長に選任した。
SAJの運営規則では、会長候補は役員選出委員会が選び、
評議員会が承認することになっている。
同日開かれた役員選出委員会(井上恵司委員長)は候補者を選べなかったが、
評議員会は鈴木氏を候補者とし、採決を行った。
評議員会には独自に会長を選ぶ権限がないことから、
井上委員長ら原告は鈴木氏の会長選任は無効で、
鈴木氏が推薦した5人の理事もその資格がないとしている。

SAJは2年前の役員改選でも、
役員選出委員会の推挙を経ずに伊藤氏を会長に選任した。
一部の理事らが提訴し、1審でSAJが敗訴。
2審では今年6月、理事の地位にないとされた7人のうち伊藤氏ら4人が
辞任して和解が成立した。
この訴訟でSAJ内に対立が生じた。
今年の役員改選では反執行部派の候補者と執行部派の鈴木氏が立候補し、
役員選出委員会で反執行部派の候補者が会長候補になったが、
7月と10月の2度の評議員会では、この役員案が否決された。【立松敏幸】

(引用終わり)

 
…同連盟による2年前の騒動以外にも、聞いた話だなあ…と検索してみると、

・日本バスケット協会
・日本クレー射撃協会
・日本テコンドー連盟

…まあ、出るわ出るわ…もめ事のお好きなこと(嘲笑)。
選手のことなんか、一切考えていないんでしょうな。

テコンドー協会の時には、当時日本の花形選手だった
岡本依子さんが五輪に出られないかも知れないって危機にまでなったのに…
背広組って、学習能力ないんかな?それとも、既得権益がめっちゃおいしいのかな?

そもそもこういうもめ事は止めて欲しいし、
運営資金に直接的に公金は投入されていないにしろ、税制優遇はあるんだから、
民主党政権にはこういう無益な争いにこそ「政治主導」を発動して欲しいのですが…
まあ、あの体たらくな輩どもにそんなことを期待するほうがバカ
ってもんだわな。
困ったもんです。


ではでは。
posted by いなちゃん at 16:30 | 香川 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の私感2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> 管理人様

自民党の頃も、政治主導はなく、結果、変わらなかったので、今更変わりようもないのでしょう。

本当に選手を無視した話で、どうしようもないですね。無能に限り、ポストを欲しがる典型のような事態です。
Posted by tenjin95 at 2010年12月24日 08:01
tenjin95さん:
自民党時代は政治主導を謳ってなかったですし、そうでないのに
日体協会長のシンキロウさんが不思議なリーダーシップ取ってた気がしますから(笑)、
政治主導を全面に押し出している民主党だからこそ、もっと動け!って気がしますね。

…あ、シンキロウさんはサメの脳みそだった(笑)。
Posted by いなちゃん at 2010年12月24日 16:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック