2008年12月25日

1372:ケータイを取りに戻り高校生焼死「高齢者マーク」義務化事実上撤回

第1372回。今日は…


・「携帯忘れた」と火中の家に戻り高校生焼死

・「もみじマーク」義務化、事実上撤回へ


の二本でいきます。

 
1)「携帯を忘れた」と、火中の我が家に取りに戻った高校生が焼死しました。


「「携帯電話忘れた」高1次男、出火の家に戻り焼死か 広島」(iza!)


…2ちゃんねるやYahoo!掲示板あたりだと「アホ」「自業自得」で
片付けられているんでしょうけど、あまりにも痛ましい…。

要するに「ケータイ依存症」の範ちゅうなんでしょうけど、
大好きなケータイも、テレビも、パソコンも…命がないことには出来ない…。

一時的には不便になりますが、復旧までに何十年もかかりはしない。
長くても数ヶ月〜一年我慢すれば、遜色ない生活に戻れるはず。

火事場…枕だけ抱えてきた…なんて、ベタな笑い話がありますが、
それでも「命あっての物種」ですよ。
一度は外に出たんですから、誰か止めることは出来なかったのかなあ…。



2)高齢者が運転するクルマへの貼付が義務づけられている「高齢者マーク」
しかし、違反取締をしないなど、実質的な「義務化撤回」が行われそうです。


「もみじマーク罰則を撤回 半年で道交法改正へ」(iza!)


「高齢運転者標識」『ウィキペディア(Wikipedia)』より)


高齢者いじめ?真逆真逆!
一般ドライバーがいじめられてるんだけどなあ…。

確かに、一部の心ない輩が「幅寄せ」「車間詰め」をしているのも事実でしょう。
しかし、殆どのドライバーは、初心者マークと同様にそれを視認することで、
貼りつけられていないクルマに比べると、気を遣います。
本質は「事故に遭わされたくない」という自己保身でしょうけど、
本来の効能とは違えど、役立っているのは紛れもない事実です。

しかし、それがないと、外観だけでは
爺さん婆さんが運転しているなんて分かりようがないです。

また、一部をあげつらうことで、多くのメリットが霧散することにもなりましょう。

さらにいえば、現状でも貼りつけている高齢者ドライバーに
説明が付きませんよね。

義務化に反対して喜んでいる高齢者に言いたい。
それだけ、自分の運転に対する責任が重くなり、
テメエが起こした事故を「年のせい」に出来なくなることだけは
肝に銘じておいてください。


都合の良し悪しで年齢を使い分けるのは止めてね。
それでは、少年法に守られるクソガキどもと同じだよ。


ではでは。
posted by いなちゃん at 18:15 | 香川 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 今日の私感2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> 管理人様

命よりも、携帯電話の方が大事という感じで騒ぐ人が出そうですが、実際に、そういう傾向はあるようです。というか、自分そのもののプライバシーが全て詰まったのが携帯電話だということみたいですね。でも、死ぬことはなかったのに・・・と思います。
Posted by tenjin95 at 2008年12月25日 21:00
tenjin95さん:
>自分そのもののプライバシーが全て詰まったのが携帯電話

今は確かにそうですね。
ケータイがないとどうにもならんって人、多いですものね。

でもほんと、死んでまで守らないといかんもんではないですよね…。
Posted by いなちゃん at 2008年12月25日 21:29
こんばんは。
ケータイ高校生,目撃者の話では,どうやら「自分の親と連絡が取りたい」ということであえて火事場の中に戻ってケータイを取りに行ったらしいです。
ただ,そうだとしても,他の手段があるはずですから,本当に残念でなりません。

ただ,この高校生を責めるのは筋違い駄と思います。彼にとっては,「形見を取りに行く」に匹敵した行為と評価していたからです。
ご冥福をお祈りいたします。
Posted by おかにゃん at 2008年12月26日 00:15
おかにゃんさん:
そういう理由があったんですか。
なら、なおのこと痛ましいですねえ…。

回りも電話を貸そうとしたんでしょうけど、ケータイ(=電話帳)がないと

・連絡先が分からなかった

か、あるいは

・受ける側(今回の場合、親)が、登録している番号からの着信しかとらない
(振り込め詐欺などの防止策として)

だとしたら、ケータイ依存社会を象徴している気がしますねえ…。
Posted by いなちゃん at 2008年12月26日 09:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック