2008年09月08日

1264:大相撲界の大麻問題…北の湖理事長が辞任、露鵬&白露山は解雇(追記あり)

第1264回。今日は現場直帰で早めの更新。


・大相撲界の麻薬汚染…北の湖協会理事長が辞任、露鵬&白露山は解雇(追記あり)


の一本でいきます。

 
1)元関取・若の鵬に端を発した、大相撲界の麻薬汚染問題。
今日、協会臨時理事会が行われ、北の湖理事長がその職を辞し、
また大麻反応で陽性となった露鵬&白露山の二人が解雇
されました。


「【角界大麻汚染】北の湖理事長辞任 露鵬らは解雇処分」(iza!)


「北の湖敏満」

「露鵬幸生」

「白露山佑太」

(いずれも『ウィキペディア(Wikipedia)』より)


…まず北の湖「前」理事長…遅きに失した辞任としか言いようがありません。

朝青龍の「素行不良」問題は、マスゴミによって作られた感も大きいので、
それによって彼のクビがどうのこうのという話にはならない…
というか、してはならない
…と、おいらは思います。

しかし、昨年初頭より問題となっている、
時津風部屋での組織的な新弟子リンチ殺人。
少なくとも、この辺りで自らを処すべきではなかったか?と思います。
しかし、どの問題も「部屋の…親方の…力士個々の問題」との逃げ口上ばかり。

それで問題が改善に向かうのなら、それでも良し…なんですが、
今度は本丸・北の湖部屋が炎上。すると今度は「シカト・逆ギレ・雲隠れ」
それで逃げ通すつもりだったんでしょうけど、平年寄から批判が上がり、
解任動議の可能性も出て来たため、退路がなくなったのでしょう。

「辞任」ということは、自分でいくらでも理由付けが出来ます。
「体調不良」とも言えますし「一身上の都合」とも言えます。
彼のことだから、そう言い張るか、またもシカトか…いずれかでしょう。

しかし結局は「解任=理事長クビ」を避けただけ。
なにも潔いことはありません。
ここまで来たなら、自らの正当性を訴え続け、解任されるまで
突っ張り続けた方が、まだマシだった
かも…とさえ思います。


つぎに、露鵬&白露山
二人は大麻吸引を一貫して否定しています。
露鵬に至っては、処分を受けたら裁判をするとも。

なら裁判、やってもらいましょう…ただ一つだけ言っておきます。
あなただけが相撲を取れればいいのではないってことを。

彼との対戦相手だっています。
彼との対戦を楽しみにしている関取だっていたでしょう。

また、露鵬の様な関取を目指して、日々鍛錬していた若手力士
またアマ力士・ちびっ子力士だっていたでしょう。
「お相撲さんになって露鵬さんと相撲を取りたい」なんて子もいたかも。

さらには、彼の取組・活躍・昇進を楽しみにしていたファンだっていたはず。

それら全てを裏切る様な結果になってしまっていますから、
テメエへの処遇への不満を理由に、司法の場に出るのは勝手ですが、
未来の関取やファンを裏切ったことは、率直に詫びるべきです。


そしてあと一人、辞めないかんはずの人の名前が一切出て来ていません。
露鵬の師匠・大嶽親方
(元関脇・貴闘力)です。


「貴闘力忠茂」『ウィキペディア(Wikipedia)』より)


平年寄の総会では、潔白を訴える文書を読み上げ、
ヤジを飛ばした別の親方とにらみ合うなど、現役当時と何も変わらない
一切品格のない素晴らしい姿
(嘲笑)を見せたようです。

また「師匠と弟子は親子も同じ」と発言しましたが、
それと同時に「部屋運営の最高責任者」でもあります。

部屋の運営…肉体的に強い力士を育てればそれでいいものではない。
精神的に出来た力士を育てることも重要。
それには、「徹底した力士教育」が大前提になってくるはず。

親子も同じだから、かばうという行動に出るのも分かりますが、
「かばう」というのは、力士の管理が真っ当だからこそ出来ること。

しかし、大麻吸引を疑われる状況を作ったということは、
少なくとも真っ当ではない。
ってことは「部屋を運営する資格がない」と言われても仕方がない。

ということは、少なくとも「部屋を持つ親方としては失格」でしょうから、
別の親方に部屋運営を譲るとか、その程度の処遇は必要だと思います。


(追記1)
大嶽親方への処分は、「『委員』から『年寄』に降格」だそうです。
…意味あんのか?


で、次期理事長…「これでこの問題は終わり」ではなく、
これからどうするか?を真摯に考えられる人に是非なってほしいものです。
まかり間違っても「北の湖後継」「北の湖院政」なんかにならないよう、
切にお願いいたします。


(追記2)
新理事長は、武蔵川親方(元横綱・三重ノ海)だそうです。


「大相撲大麻疑惑:武蔵川理事長が会見「しっかりやらねば」」(毎日新聞)

「三重ノ海剛司」『ウィキペディア(Wikipedia)』より)


長くなっちゃいました…ではでは。
posted by いなちゃん at 17:13 | 香川 ☀ | Comment(2) | TrackBack(9) | 今日の私感2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
北の湖親方の辞任は仕方ないでしょうし,また2人の解雇もやむなしと思います。
大麻取締法云々を語る前に,やはり「アスリートが禁止薬物を使った」ということ自体,解雇に値するでしょう。

一方で,一連のかばい行動,今の企業の実体を浮き彫りにしたといえるでしょう。多くの企業がまだまだ不祥事を隠しまくりますが,まさにその縮図だったといえるでしょう。
北の湖親方を批判する人は,自分の会社に絶対的な自信があるといえるかもしれませんね。
Posted by おかにゃん at 2008年09月08日 20:29
おかにゃんさん:
「大麻はたばこより危険性が薄い」なんて話もありますが、
おっしゃるとおり、ドーピング検査に引っかかる以上、スポーツ選手としてアウトですよねえ…。

企業というよりも、日本の縮図といえるかもしれないですね。
どんなことでも、当事者が他に責任を転嫁する…日本はどうしちゃったのかなあ…?
Posted by いなちゃん at 2008年09月08日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

竜頭蛇尾が続く世の中
Excerpt: 大麻問題で揺れる大相撲界ですが,結局露鵬と白露山の二力士が解雇,北の湖親方が引責辞任などということになりました。 一方,逮捕勾留されていた若ノ鵬が処分保留のまま釈放されましたが,もう一度力士になりたい..
Weblog: あれは,あれで良いのかなPART2
Tracked: 2008-09-08 21:47

相撲協会・北の湖理事長が辞任 ロシア人力士兄弟も解雇
Excerpt: 相撲協会の北の湖理事長が辞任したようです。
Weblog: つらつら日暮らし
Tracked: 2008-09-08 22:45

「死すべき場所を誤った」北の湖理事長の辞任
Excerpt: 露鵬・白露山の両力士の解雇と共に、日本相撲協会の北の湖理事長(元横綱・北の湖)が一連の問題の責任をとって辞任した。
Weblog: ただいまに生きる
Tracked: 2008-09-08 23:04

9.8 昼/ <大相撲大麻疑惑><事故米転売><F1ベルギーGP決勝>
Excerpt: 北の湖理事長が辞任、露鵬・白露山は解雇 大麻問題 2008年9月8日14時6分 相撲協会の理事会を終え、厳しい表情の北の湖理事長=8日午後0時44分、東京都墨田区の国技館 再発防止検討委員会..
Weblog: 地球の日記☆マーク♪のblog☆
Tracked: 2008-09-08 23:35

北の湖理事長 ついに辞任
Excerpt:  日本相撲協会は8日、ロシア出身の幕内露鵬(28=大嶽)と十両白露山(26=北の湖)が専門の検査機関でも大麻の陽性反応を示したこと...
Weblog: Kio -朔北- De nuevo
Tracked: 2008-09-09 00:13

大相撲大麻問題 北の湖理事長が辞任、露鵬と白露山は解雇
Excerpt: 大相撲のロシア人力士・露鵬と白露山が大麻を使用していたという疑惑について、8日に両国国技館内にある日本相撲協会で再発防止検討委員会と緊急理事会が開かれ、北の湖理事長が辞任を表明、露鵬と白露山には..
Weblog: 日刊魔胃蹴
Tracked: 2008-09-09 03:35

北の海理事長 辞任
Excerpt: 北の湖理事長、ついに土 厳しい表情、無言のまま(産経新聞) - goo ニュース 昼間2時過ぎにTVのスイッチを入れると丁度「北の海理事長の辞任と力士二人の解雇」を速報で流していました。 {/hiy..
Weblog: 王様の耳はロバの耳
Tracked: 2008-09-09 09:30

力士薬物スキャンダル 北の湖理事長辞任
Excerpt: 露鵬(大嶽部屋)と白露山(北の湖部屋)の精密検査の結果は陽性。やっぱりと言う結果
Weblog: 本質
Tracked: 2008-09-09 17:50

大相撲、北の湖理事長辞任、2力士が解雇
Excerpt: 相撲界トップの辞任、関取2名が解雇される、という重大な事態なのだが、これは当たり前であって、相撲界の再出発に向けては第一歩に過ぎないのである。 相撲協会の北の湖理事長が辞任し、後任に元横綱三重ノ海の..
Weblog: 虎哲徒然日記
Tracked: 2008-09-14 11:30