2020年03月07日

5472:花崗岩で新コロウイルスが分解される。

じゃあ、花崗岩が風化した真砂土(まさど)からなる
わが香川県は安泰です(笑)。

…もう馬鹿馬鹿しくて「おくちポカーン」ですわ。


「その中に含まれるごく一部の成分で効能が認められ、
それを精製して、一回あたりこれだけの成分量を
1日○回・×日間服用し、結果患者の△%に改善が見られた。

でもこういう副作用が□%の患者で発生し、
こういう患者さんには投与できない」


…とかなんとか、おいらみたいな
医学どシロートが思いつくようなことの
何千倍も何万倍も複雑・詳細な治験を行い、
それで厚労省の認可を得てお薬として市中に出る…

それもまずは「お医者さんが出す薬」から始まり、
薬局やドラッグストアで買えるようになるには、
「副作用は弱く・軽くなるけど効き目も弱くなる」。

そういう薬を使っても治らない場合もあるわけだから、
石ころ一つ持ってて病気が治るなら、
医者も「神様仏様」も必要ないです(苦笑)。


皆様、なにとぞ冷静に。
こういうときこそ、日本人の日本人たる所以を見せるときですよ。


ではでは。
posted by いなちゃん at 11:32 | 香川 ☁ | Comment(0) | 今日の私感2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする